本文へ移動

歴史・沿革

 当社の歴史は古く、そのルーツは江戸末期までさかのぼります。当時は貨物船の入港を知らせる鐘の合図で、臨港部落(濱・川原町)の力自慢が三島港に集まって積卸荷役作業を行っていたと伝わっております。
 瀬戸内海中央付近の港で潮の干満差が大きく遠浅である事から、満潮時に船を入港させて潮が下がる前に作業を終え出港させる必要がありましたので、とりわけ迅速さが求められておりました。もちろん、その創業当時の精神は現在に引き継がれています。
 ここでは、当社沿革をご紹介いたしますのでぜひご覧ください。

沿革

1865年頃
(元治年間)
当社の前身組織である『運輸組』が三島港で港湾荷役を開始。
地域住民が主として従事し、農産物や紙・鉱石・石炭等を取り扱ったとされる。
1910年7月
(明治43年)
三島商工會創立時に当時『運輸組』組頭の故・武村文七様が参加。
1917年9月
(大正6年)
三島駅竣工時に出張所を開設。同時に出版された『伊豫三島案内』に広告を寄稿。
『伊豫三島案内』の広告
1942年(昭和17年)10月22日
三島神社前にて
太鼓台と地域住民(創業者含む)
1945年(昭和20年)頃の三島港
1955年6月
(昭和30年)
『三島運輸合資会社』として発足
  1961年5月   三島港東埠頭にて製品初荷役
  (昭和36年)  左側の紳士は故・井川伊勢吉様
同じく原木荷役
(両画像:大王製紙株式会社様)
1965年5月
(昭和40年)
改組して資本金300万円で『三島運輸株式会社』設立
1967年10月
(昭和42年)
『一般区域貨物自動車運送事業』許可取得
1975年5月
(昭和50年)
資本金900万円に増資
1984年5月
(昭和59年)
資本金1800万円に増資
1984年6月
(昭和59年)
『通関業』許可取得
1985年1月
(昭和60年)
『倉庫業』許可取得
1985年8月
(昭和60年)
『自動車運送取扱事業』許可取得
1989年7月
(平成元年)
『内航運送取扱業』許可取得
2004年8月
(平成16年)
『産業廃棄物収集運搬業』許可取得
2011年3月
(平成23年)
本社事務所移転(国道交差点拡張の為)
旧本社事務所(国道11号より)
現本社事務所
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0896-24-2049
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
TOPへ戻る